A.C.TOYAMA Jr. 基礎コース

A.C.TOYMA Jr. 基礎コースのブログです

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年の4月から体制を変更し、キッズは1・2年生対象、3年生と4年生以上の希望者を基礎コースとしました。
今年も大きな事故もなく、無事に一年を終えることができました。子供たちと保護者の皆様のおかげです。ありがとうございました。
今日現在の会員数は、キッズ18名、基礎コース37名です。
キッズ 1年生7名(男5・女2)、2年生11名(男7・女4)
基礎コース 5年生1名(男1・女0)、4年生8名(男4・女4)、3年生28名(男16・女12)

指導体制は昨年同様、キッズの活動は佐渡コーチを中心に日影コーチ・庵コーチ・悠紀コーチ(クラブのOG)、基礎コースは村上コーチと私(尾原)が担当しました。

クラス分けの考え方の通り、キッズはパフォーマンスの前提となる運動能力の向上、基礎コースはオールラウンドな体力づくりを基本として、種目を限定しないで活動してきました。
特に基礎コースでは、全力走よりもリズムや力加減をコントロールできるようになることを主な目標としてきました。
中でも大切にしてきたのは、ジョッグと流しです。
陸上競技の基本ですが、これには反対意見もあります。
幼少期は神経系が著しく発達する時期(ゴールデンエイジ)だから全力・短時間で速い動きをするべきであり、ゆったりした運動では効果がなく、また持久的な運動は時期尚早であるというわけです。

ですが、敢えてこれを中心にしている理由は、余裕を持ったスピードで走ることを通じて、自分をコントロールしながら走る術を覚えてほしいと思っているからです。

速く走るための練習とは、要するに目標地点に移動するまでの所要時間を短縮する営みのことです。
どうしたら、移動時間を短縮できるのか?
そのカギは2つあります。
一つは自分が出せる最高スピードを上げること、もう一つはできるだけスピードを落とさないで走れるようになること。
ジョッグと流しはこの二つを向上させるための最も基本的な練習だと思っています(もちろん、これだけで十分とは言いません)。
何より、成長期の身体への負担が少ないことは大きなメリットです。

私たちは、工夫と努力が形になる(=タイムが伸びる)ことの楽しさを味わってほしいと思っています。
そのために、我々スタッフも一層頑張りますので、今後ともご協力をお願いいたします。

【参考】活動理念(A.C.TOYAMA Kids旧ブログ)

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

このサイトについて



このサイトは、A.C.TOYAMA Jr.コーチ(兼Kidsマネジャー)が運営しています。
日々の活動記録やスケジュールなどを掲載しています。

管理人のプロフィール

メールはこちらまで(☆を@に変えてください)
actkids☆toyamawalker.com

(お願い)いただいたメールに返信した際、エラーになることがあります。メールを下さる方は、受信拒否設定を解除しておいてください。

最新コメント

[09/08 野口藍子]
[09/08 佐々木祐乃葉]
[09/08 野口藍子]
[06/15 やまだ太郎]
[06/08 やまだ太郎]

最新トラックバック

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 6
7 8 9 10 12 13
14 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31